数理積木・色板 写真 小林先生講演集 学習パズル&図形・思考力教室 トップページ

ホーム > コース紹介:パズル道場

能力開発型個別指導

パズル道場(楽しみながら頭脳を鍛える魔法のプログラム)

パズル道場とは

遊びながら脳を鍛え、才能を伸ばす!!パズル学習は理想的な教育手段です。

 すぐれた算数パズルは、理論的思考力、着眼・推理・分析能力、ねばり強さ等が遊びながら育成される、まさに理想的な教材です。また、中学入試においても『パズル的な思考』を必要とする問題や、パズルそのものの出題が年々増加傾向にあります。

中学入試対策に実績を残した『算数パズル』と『空間把握能力育成プログラム』が合体!!

 パズル道場とは、中学入試対策に実績を残したり、あきらかに必要と考えられる『算数パズル』と、算数のセンス育成に不可欠な『空間把握能力育成』のためのプログラムを合体させた、他に類のないカリキュラムによるトレーニング教室です。

自分でできた喜びと、考えることの楽しさを体感することで、主体性が養われます。

 さらに、前述のカリキュラムを、楽しくかつ真剣に、そして継続的に取り組ませるために『パズル検定』と『パズルオリンピック』という2つの指針を設定。これにより、様々な能力を身につけながら自分でできた喜びと、考えることの楽しさを体感するので、最も重要な学習に対する『主体性』が養われます。

パズル道場で育成される能力

 スポーツの世界においては、その競技の一部を反復する訓練とは別に、筋力・持久力・瞬発力等の身体能力育成が不可欠ですが、学習においても、スポーツにおける身体能力にあたるものが存在しており、それを育成することが不可欠です。 パズル道場で育成される以下の能力は、まさにその学習面における身体能力的なものです。また、これらの能力が育成されるということは、様々な局面で必要な思考力が身につくわけですから、単に学習のみならず、日常における問題解決能力も育成されます。そして、最も重要な主体性が育成されます。

チャレンジしてみてください!「パズル検定」の練習問題です

パズル検定

 「パズル検定」は、全国各地のパズル道場実施会場で、毎月実施されています。10級〜1級、初段〜師範の計20段階の検定試験です。
 各級の検定項目を会場における練習時間または家庭において事前に練習し、検定に挑戦します。そして合格すれば次に進みますが、不合格の場合は、再度挑戦することができ、また、他の項目に挑戦することもできます。(ただし、すべての項目に合格するまでは「級」「段」は認定されません)
 合格後は、1ヵ月ごとに認定書が発行され、ホームページ及び結果一覧(冊子)に掲載されます。

パズルオリンピック

 1ヶ月に一度、決められた項目のタイムを競い合うのが「パズルオリンピック」です。成績上位者は、ホームページ及び結果一覧(冊子)に掲載され、賞品が贈呈されます。 最高記録は「年間新記録」として認定され、ホームページ上に掲載されます。

ページトップへもどる▲

主な内容

お父さん、お母さん、絶対に教えないで下さい!

  • お子さんは自然にパズルに興味を持つものです!
    保護者の方に、ひとつだけお願いがあります。絶対に教えないで下さい。目にとまるところにパズルがあれば、お子さまは自然に興味を持ちます。また、親が楽しくパズルへ取り組んでいる様子を見せることも、お子さまに興味を起こさせるよい方法です。
  • 解けなければ、別の日にもう一度チャレンジさせましょう!
    一所懸命考えても、どうしても解けないことがあるかもあるかもしれません。そんなときは、すぐに正解を見てしまわずに、日を改めてもう一度チャレンジさせましょう。一週間前には手も足も出なかったパズルがすらすらと解けることもあります。その時、知らないうちに脳が進化していることが実感できます。再チャレンジで解けたときの達成感は、ゲームで得られる達成感の比ではありません。
  • 解ける必要はありません。答えが出なくても力はつきます!
    「こんなに難しいパズル、子供に解けるんですか?」、とよく問われます。しかし、解ける必要はないのです。答えが出せなくても力はつきます。あれこれと頭をひねり、書いては消し、消しては書くことを繰り返すことで、頭に負荷がかかります。この負荷が、お子さまの頭を鍛えるのです。逆にいえば、頭に負荷がかからない簡単な問題を何百回解いたところで力はつきません。今日解けなくても、脳はずっと問題に取り組み続けます。頭の中で考えが整理され、深まっていき、ある日突然、解けたりする。その過程が、論理的に考える力を磨いているのです。
  • パズルで失敗と挫折を体験させましょう!
    「わかりません、教えてください」、とすぐ人に頼るのでは本当の力になりません。その場ではわかったつもりでも、解く手順を丸暗記するだけでは必ず壁に当たります。敗因を自己で分析し、修正し、挫折を自分自身の力で乗り越えてこそ、成長していきます。パズルが能力開発の教材として有効な最大の理由は、まさにこのこと、思考錯誤し考える力を伸ばすことに最適だからです。

対象

  • 年長〜中学生

入会金

  • 塾内生 --------
  • 塾外生 ¥28,000(税込)

授業料

  • 塾内生 月¥2,100(税込) (検定料を含んで月¥3,150)
  • 塾外生 月¥5,250(税込) (検定料を含んで月¥6,300)

パズル検定受験料は1ヶ月に何回受験しても 1,050円です。
※《パズル検定+パズル道場》の構成は、原則次の通りです
■週1回 50分=(ウォームアップ+パズル道場・30分)+(パズル検定・20分)

ページトップへもどる▲

問題1の答え 問題2の答え