数理積木・色板 写真 小林先生講演集 学習パズル&図形・思考力教室 トップページ

ホーム > 数理つみき > 基本の図形づくり

数理つみき
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会-

能力開発型個別指導

数理つみき -研修会-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会-

1.基本の図形づくり

→ 2.2個や3個の積木で作る
→ 3.2本足の平面動物
→ 4.相似体・合同体
→ 最初に戻る



ステップ1 長方形(3列 x 8段)

積木A、積木B、積木C、積木I、積木L、積木N、積木Yの計7個でできる。

(例)

長方形 -数理つみき-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会- → 長方形 -数理つみき-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会-

ステップ2 直方体(3 × 3 × 2)2個

積木A、積木B、積木C、積木I、積木L、積木N、積木Yの7個に、積木A、積木B、積木Cを加えて二つの合同体を作ろう。

(例)

直方体 -数理つみき-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会- 直方体 -数理つみき-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会-

(左)積木A、積木B、積木C、積木L、積木Y
(右)積木B、積木C、積木A、積木I、積木N

これらの各図形も積木10個ですべて二つずつ作ってみよう。

-数理つみき-
能力開発型個別指導-ジーニアスたけのこ会-

ページトップへもどる▲